ロゴ
HOME>クチコミ>グループウェアを使って社員同士の連携を強化する方法

グループウェアを使って社員同士の連携を強化する方法

男性と女性

レビュー

情報共有もしやすいので助かります

今まで、会議で決まった内容は議事録で回覧されていました。しかし、忙しい業務の中で紙に書いている内容を読み込む時間はなかなか作ることができません。その結果、認識一致をしたつもりでも実際に業務を進めていくと、各メンバーの方向性がズレていくことは良くおこります。そこで、グループウェア内の電子会議室機能を活用しています。会議室ごとにチャットスペースが設置されていてその中でメンバーの発言がテキストで記録されていきます。その上で決まったことは一枚の共有ファイルに記載しておき、各メンバーが見たい時に決定事項を確認できるようにしています。すると、実際に業務を進めていってもメンバー間の方向性がズレていくことがなくなりました。(30代・男性)

難しい操作がないので誰でも使用できるのが嬉しい

グループウェアを導入すると聞き、憂鬱な気分に襲われました。パソコンが使えないことはないのですが、決して得意ではありません。そして、実際に使い始めました。わからない使用方法は得意な人に質問していきました。そしたら、以外に難しい操作がないことに気がつきました。社内メールを送信する時には送り先の所属先から個人名を捜すことができます。加えて個人名をフルネームで入力することでも送信先の設定ができます。一週間もしないうちに考える通りに操作ができるようになりました。そうなると、電子会議などで積極的に発言でき、仕事の効率も上がってきました。書類の作成もスムーズにできるようになりました。グループウェアの導入のおかげで今まで苦手を感じていた事を克服できるようになりました。(30代・男性)

広告募集中