ロゴ

フィッティングとは

フィンテック(Fintech)は金融(Finance)と技術(technology)を組み合わせた造語です。インターネットや人工知能などのITを利用した、金融サービスを指し、スマートフォンによるモバイル決済や、クラウドを利用した会計ソフトなどがあります。

導入する上で気をつけるポイント

男の人と女の人

オンライン状態が必須

フィンテックは、そのほとんどがインターネットを利用するサービスです。そのため、フィンテックを利用するときは常にオンラインでなければなりません。アクシデントなどでインターネット接続が切れると、フィンテックは利用できなくなります。オフラインになった場合の対策を考えておく必要があるでしょう。

サービスの安定性

フィンテックを導入するときは、サービスを提供する会社を選ぶ必要があります。フィンテック会社が倒産した場合や、フィンテックのサービスが終了した場合、それまでのデータを移行することになります。このとき、簡単にデータの移行ができればいいですが、情報漏洩のリスクもあります。こういったリスクに、どの程度その会社が対応しているか見極める必要があるでしょう。

導入時にかかる費用

フィンテック導入の際は、導入における設備費用を計算しておきましょう。設備だけでなく、会社内の整備や社員の研修が必要になってきます。簡単な決済サービスであれば、導入時のコストはあまりかかりませんが、業務形態が大きく変わるようなものであれば、会社の規模が大きいほどコストがかかるでしょう。

フィッティングが利用されているシーン

様々な場面でフィンテックは利用されています。スマートフォンに小型のカードリーダーを取り付けるだけで、クレジット決済ができるモバイル決済。銀行口座の履歴などから自動で経理入力してくれる、クラウドを利用した会計ソフト。その他にも、家計簿ソフトや投資支援ツールなど、幅広く活躍しています。

導入する前に知っておきたいフィッティングに関する質問

社内

フィンテックを導入するメリットは?

経理にフィンテックを導入すれば、経理入力や経費の計算にかかる時間を大幅に削減できます。また、決済にフィンテックを導入すれば、決済サービスの充実により、顧客の満足度が上がるでしょう。フィンテックの導入によって、既存業務の改善が期待できます。

フィンテックのデメリットは?

フィンテックのデメリットは、第三者によって情報が管理されることです。フィンテック会社に、クレジットカードの利用歴や顧客の情報など、すべてのデータが管理されます。データが厳重に管理されれば問題ありませんが、データが流出したり、流出データが悪用されたりする可能性があります。そのため、しっかりとしたセキュリティ対策が求められるでしょう。

[PR]
秘書代行の申し込み
365日で利用できちゃう

社内でフィンテック導入を検討してみよう!

婦人

フィッティングを導入する会社が増えているワケ

フィンテックの会計ソフトや、決済サービスを利用することで、お金を管理しやすくなる、決済方法が充実するなどのメリットがあります。これらのメリットにより、資産運用のコストやハードルが下がり、個人や中小企業が事業を立ち上げやすくなります。セキュリティ対策をしっかりとしていれば、大きなデメリットもありません。利便性があり、安心して利用できることが、フィンテックを導入する会社が増えている理由でしょう。

[PR]
グループウェアを会社に導入
使いやすいシステムを厳選紹介♪

[PR]
フィンテックサービスを実施中
機能性を事前にcheck☆

広告募集中